スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月3-4日:熊本支援 2日目

熊本支援 2日目のご報告です。

==========2日目==========
テント村の移設と個人宅のお引越しの手伝いをしました。

<活動場所>
熊本県上益城郡御船町の恐竜公園

<活動内容>
被災者用のテントの移設

【参加メンバー】
まー3、ふくいさん、吉野さん、riki、Bem、タウロ
石巻渡波港 幸丸大将(内海)
きあまん、ポチ、あっちゃん、えみ
======================

昨日とは打って変わって朝から雨模様。
カッパを着込んで向かったのは、御船町の恐竜公園に開村した被災者用のテント村「アウトドア・コミューンみふね」。
みふね

町民有志でつくる「御船しあわせ日和実行委員会」様が運営されていましたが、
この公園が仮設住宅の建設地になるということで、急きょ隣の土地へ移設しなければならなかったのです。
他のボランティアの皆様とともに移設のお手伝いをしてきました。

浸水しないよう木組みのパレットの上にたてられた立派なテントをパレットごと運びます。
テント移設中
雨に濡れてテントが重いうえ、しっかりした木組みのパレットはかなりの重量感なので、1つ運ぶのに十数人の力が必要でした。

移設先との間にある柵は力を合わせて持ち上げて。
テント受け渡し

作業はテント運びだけではありません。

テント下の痛んだパレットを個別に運搬。
パレット運び

木を運ぶ

公園をきれいに整地
土運び


時間が限られる中でのお手伝いで心残りでしたが、翌日、無事に移設期限内に移動できたとのこと。本当に良かったです。
集合!

東北のおいしいお米で作ったおにぎりを差し入れ!
おにぎり


その後、個人宅のお引越しをお手伝いしました。
外観ではきれいに見える建物ですが、中に入ってみると玄関やドアには激しい地震の爪痕。
ドア

玄関

昼間は家に帰るけれど夜は怖いから避難所に行くのよ。
基礎を直せば住めるかもしれないけれど、費用もあるし、まだわからないわね。
帰りたいけれど、帰れない。皆さんのお話しからそんな状況が痛いほど伝わってきました。

6月14日で地震から2ヶ月を迎えました。
まだまだ地震が続く熊本。6000人以上の方が避難され、不安な日々を過ごされています。
熊本で見たこと、聞いたことを少しでも多くの方に伝え、今後の支援につなげてゆけたらと思います。
そして、絶対に忘れてはならない東日本大震災。

これからも続けます!俺たちの復興大作戦、AMF(アレグリアみちのく復興支援プロジェクト)。
空港のメッセージボード
スポンサーサイト

6月3-4日:熊本支援 1日目

6月3日、4日に熊本地震の支援にいってきました!
たくさんの仲間の気持ちを背負っての怒涛の2日間、2回のブログに分けてご報告いたします。

==========1日目==========
東北の美味しい食材を使った炊き出しをしました

<活動場所>
熊本県上益城郡御船町

<活動内容>
炊出し:300人分の金華サバ定食
(ごはん、のり、焼き鯖、焼きしいたけ、ねぎとわかめの味噌汁)

【ご協力いただいた皆様】
金華さば:(株)仙都魚類 佐藤昌樹様
ワカメ:(株)正栄水産 阿部慎也様
海苔:阿部水産 阿部まさはる様
お米ササニシキ:(株)高橋農産 高橋隆一様、堤園芸 奥田功様
塩辛:(株)マルチカ 近藤積宣様
味噌、ネギ:酒飯処かぐら 渡邊哲様
しいたけ:あぐ里様
プロパンガス、コンロ:(有)遠藤四十二商店様
プロパンガス ガス炊飯器セット:(有)マルカプロパン様
炭:幸丸お客様 高橋浩司様
BOXティッシュ、タオル (株)アベキ 相澤和宏様、幸丸お客様 熊谷新也様
炊き出し隊のワッペン:(株)黒沢刺繍様、加瀬様

【現地で応援いただいた皆様】
サンバ熊本(伊藤様ご一家、藤江様ご一家、よぎー様)
あぐ里(武元社長)
加瀬様

【参加メンバー】
まー3、ふくいさん、吉野さん、riki、Bem、タウロ
石巻渡波港 幸丸大将(内海)
きあまん、ポチ、あっちゃん、えみ
======================

熊本空港上空から
熊本空港上空から
雄大な阿蘇山。街も一見、のどかな風景ですが、住宅の屋根にはビニールシートがぽつぽつ。。。

到着した熊本空港も完全復旧まではまだまだ。レストランも屋外で臨時営業中でした。
熊本空港のお店

空港からの道中、被害のひどかった地域。
被害の様子

地割れや隆起があり、デコボコな道。つぶれた屋根。
高台から滑り落ちた倉庫。ぐにゃっと曲がったガードレール。崩れた塀やお墓。
地震から1ヶ月半たった6月初旬。コンビニやスーパーも営業していることに少し安堵したものの、
東北とはまた違う被害の様子に言葉を失いつつ、炊き出しを実施する御船町カルチャーセンターへ。

私たちの本拠地は関東の埼玉県。熊本は近い場所ではありません。
今回は行くことができないけれど頑張ってね!!とたくさんのエールをいただきました。
がんばっばいワッペン
そのひとつがこのワッペン。熊本を想う熱い気持ちが伝わってきます。
特別に作っていただいた素敵なこのワッペンを身につけて作業開始!

本日の献立はコチラ~♪
本日の献立
食材は全て皆様からのご厚意によるもの。贅沢な東北の食材は、AMF活動でつながった石巻の漁師さんの尽力で集まりました。
どれもこれもおいしそうな食材ばかり!皆様、本当にありがとうございます。

事前に綿密な計画をしてくれたメンバーと当日の見事なチームワークで炊き出しの準備はカンペキ!

ピカピカご飯
ご飯たけたよ

金華サバ、大きい!!
金華さば

肉厚な生わかめは味噌汁へ
わかめ切ってます

同じ熊本県からのエール!山都町「あぐ里」様のしいたけを直火焼き
しいたけ

炊き出しの準備中

熊本在住のサンバ仲間にもお手伝いいただきました。
焼きチーム


チラシや情報をシェアいただいた皆様のおかげで開始前からたくさんの人!
お待ちいただく間にサンバ熊本さんの素敵な歌声とサンバの音色を楽しんで♪
サンバの音色


夏日の暑さの中、炭火の暑さ、熱気にやられましたが、おいしそう!良いにおい!!と皆さんからのお声と笑顔が何よりのパワー!
行列

焼きます!
サバ焼きます!

焼きます!
しいたけ焼きます!

盛ります!
ご飯盛ります!

盛ります!
味噌汁盛ります!

おいしかったから人を連れてきたよー!おかわりありますかー?
今日はもうごはん食べちゃったけど、おいしそうだからお魚だけ貰っても良い?と大・大・大好評!
まだまだ行列
そんな嬉しいお声を聞いていたらあっという間に日も暮れて、予定数を終了しました。

撤収を終えたのはすっかり暗くなった頃。お疲れ様でした!!
集合!

汗を流しにいった近くの温泉「みふね観音温泉 華ほたる」でも、
「炊き出しの人だ!」、「おいしかったよー」とお声がけいただきましたヾ(o´∀`o)ノ

たくさんの方に支えられての熊本での炊き出し。支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

AMF支援金情報 2016年4月18日現在

この度の「熊本地震」で被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。


日頃より、AMFの活動にご理解、ご協力いただきましてありがとうございます!
「東日本大震災を絶対に忘れない」と、強い信念で活動を続けています。


現在の支援金の総額をお知らせします。この震災を「約束通り」忘れない方々が今も居ます。


2016年4月18日10時現在
5,456,819円 となっております。

活動支援金は引き続き受け付けております。


「アレグリアみちのく復興支援プロジェクト」(AMF) 
活動支援金受付口座窓口
ジャパンネット銀行 本店営業部 
普通 1107109 タカハシマサヒロ

蕨さくら祭り(2016.3.26-27)お手伝い~

今年もやりましたぁ
埼玉県蕨市塚越にある蕨市民公園にて恒例の「蕨さくら祭り」が開催され
宮城県石巻市から漁師さんが直送した海産物を販売するブースにて
焼き物&販売のお手伝いをしました

海産物ブースがこのお祭りに参加するのは、震災後から今年で5回目。
スッカリお馴染みになり、常連のお客さんも沢山駆けつけて下さいました~

なお、今回の売り上げの一部は、AMFの活動資金に充てられます。

牡蠣
牡蠣・牡蠣・牡蠣・・・
大きくてプリップリの牡蠣の焼きたて

ホタテつぶ貝
ホタテ&つぶ貝も絶品
つぶ貝は早い時間に完売御礼

鯖えぼ鯛
金華サバ&えぼ鯛も
金華サバも大人気完売しました~

わかめ詰め放題
奥の白い発砲の中身はわかめ!! 詰め放題!!
1回一袋。4回詰めて一年分獲得していったお母さん、
家族三人で競争して1kg詰めて優勝したお父さん
沢山の笑顔がありました~(^o^)/

行列
お待たせしてスミマセン~
皆さん、美味しいのをご存知ですねっ

集合写真
石巻の漁師さんとお手伝いの面々
お疲れ様でした~

お客さんの笑顔と、漁師さんの笑顔に出会えた素敵な二日間でした

5年を迎えました

もう5年、まだ5年。もっともっと続けよう! 俺たちの復興大作戦。
メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。