スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/19 いしのまき大漁まつりに参加します!

昨年に引き続き10月19日開催の「いしのまき大漁祭り」にサンバで参加することになりました!!

「大漁まつり」は今回が震災後3回目の開催となりますが、元々の会場だった石巻市内の魚市場は壊滅的な打撃を受け、2013と2012は会場を移して実施されました。

今年はその元々の会場だった魚市場に移っての開催だそうです!
再開した魚市場でのお祭り再開をサンバのエネルギーで一緒に盛り上げたいと思っています!

参加したい方!興味あるかた!募集中です!
メッセージ、コメントお送りくださーーい。

石巻市の広報誌から抜粋してきちゃいました!
いしのまき大漁祭り2014

昨年の様子 (撮影 by Taka Kiyo)
沢山の観客のみなさんにも参加していただきました。^0^/

ishinomaki20131010-005

ishinomaki20131010-004

ishinomaki20131010-003

ishinomaki20131010-002

ishinomaki20131010-001


昨年参加した際のレポートはこちら↓

http://amf2011.blog101.fc2.com/blog-entry-129.html


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

第16回蕨市民公園 桜まつり開催

蕨桜まつりが、3月29、30日に開催されます。今年も石巻の海産物を販売します。当日は現地の漁師さんも参加し、AMFでもお手伝いをします。
是非お越しください。 焼きカキ、ホタテは絶品です。
IMG_20140319_171456586.jpg

いしのまき大漁祭りに出演します。10/20

10/20 石巻市で開催される、「いしのまき大漁祭り」にてAXE&サンバショーで参加いたします。
AMF母体のG.R.E.S.アレグリアメンバーを中心に、サンビスタ達が伺いまーす!

大漁まつり

AMFで石巻市でサンバショーを実施したのは2011年4月末。
まだまだ多くのガレキがあふれ、その日食べるものも満足になかった時でした。
ショーが終わって帰路につく時、「また来てねえー」という子供達の声。
あれから2年、ようやく約束が守れる日がきました。
喜んでもらえるといいな。。。

さて、メンバーのカメちゃんがこんなコラムを見つけてきました。

「ボランティア活動を考えている方へ」
東日本大震災から2年が過ぎ、被災地でのボランティア活動は多様な関わりが必要になってきています。

今、大きな期待が寄せられているのは
①コミュニティーの再生、②経済の復興、③にぎわい創出、④心の復興
への支援です。
石巻に来て被災地を見て地場産品を買い、食事をし、宿泊することも大切な支援です。
ーーーーーーーーーーーーー
以上、石巻観光協会HP>被災地の今 より抜粋
http://www.i-kanko.com/currentinfo

来て見てけらいん!(^o^)/

一つ一つのチカラは小さくても、一人一人のチカラで世界は救えると思います!!
たいしたことはできないけれど、私たちは忘れてないということだけでもお伝えしたいでーす。

by きあまん

総合練習 環境大臣政務官 高山さとし氏 表敬訪問

7月22日 我がサンバチーム アレグリアの総合練習に
環境大臣政務官 高山さとし氏 戸田市議会委員 冨岡節子氏が 
AMF活動への表敬訪問にいらっしゃいました。

メンバーは通常通り8月の浅草サンバカーニバルに向けて
練習真っ只中!!
P1070425_convert_20120731003848.jpg
この日は70人以上での練習でした。

練習時間をメンバーから少しもらい
政務官 高山氏・市議 冨岡氏より 
AMFの活動についてありがたいお言葉を頂きました。
P1070444_convert_20120731004517.jpg

P1070452_convert_20120731004249.jpg


アレグリアは今、浅草に向けて全力で向かっています。
それと同時に 出来ることを末永く
をモットーに被災地支援を続けていきます。
まずは自分たちのサンバを最高に楽しんで
そのパワーを被災地の方々に感じていただければ
うれしいです。

8月25日 アレグリアは 浅草で力を爆発させます!!
応援よろしくお願いします。

浅草サンバカーニバルに連れて来ちゃえプロジェクト

いつもAMFを応援して頂き、ありがとうございます

あの日から1年4ヶ月を迎えようとしています。絶望と不安だらけだった当時より、色々な所から光が差し込んできています。
今、被災者の想いはどう変化しているでしょうか・・・

あの震災を思うたび、私たちがサンバを出来る幸せが、当たり前ではないということや、
仲間の大切さを忘れないでいたいと思います。

これまでのあいだ、被災地に多くのボランティアが訪れたお陰で
瓦礫やヘドロの片付けなど、目に見える形のボランティアの需要は減ってきています。
代わりに、もともと過疎化だったり高齢化していた所の復興には
長期的に支えてくれる、外の人たちとの関わりが重要になってきています。

我々はこの震災を通して『絆』という言葉を何度も目にし、考えてきました。
この震災を風化させてはならない今こそ、被災地との『絆作り』が重要になっていると思います。

そこでAMFでは「被災された方と一緒に、サンバを一緒に楽しむ」という企画を立てました。
一緒に笑って、一緒にお酒を飲んで、一緒に踊って・・・みんなで楽しむことによって、
今までAMFを支えてくれたアレグリアメンバーや関係者と
復興に向けて頑張っている被災地の方達との
新しい『コミニュケーション』、『絆』を作れたらいいなぁと考え、

「浅草サンバカーニバルにアレグリアと一緒に出演してもらうプロジェクト」

を企画しました。
どのような形の出演が可能か・・・試行錯誤した結果
<一般参加アーラ>にて参加して頂くことが決定致しました。

しかし、現実問題クリアしなければならない事が沢山あります。
衣装代・宿泊費・交通費などは全てAMFから捻出しなくてはなりません。

アレグリアとして浅草サンバカーニバルに出演して頂く以上、事情がない限り
前日から東京に宿泊し、翌朝アレゴリア組立作業や、パレード終了後の
打ち上げにも参加して頂くことを考えています。

このプロジェクト実現に向けて皆さんのご協力をお願いします。

私たちが大好きな、そして大切な浅草サンバカーニバルに
被災地の方達と一緒に参加し、大いに楽しむ。
埼玉<->被災地の450キロの距離を結び、
浅草サンバカーニバルという大きなイベントを成功させませんか?

既に石巻、女川町ではメンバーをまとめてくれるスタッフを立て、鋭意メンバー選出中です。

被災者の方々には、ただ参加してもらうだけではありません。
事前にエンヘードを聞いてもらい、私たちの今年のテーマ
『コミュニケーションを表現する』事を理解してもらう。
現地での事前練習も予定しており、アレグリア有志で事前練習応援に行く予定。

この大きな大きな震災をきっかけに出来た
アレグリアと被災地の方々との絆(=コミュニケーション)を、今年の浅草で
沿道の方々、そして復興に頑張っている方々に伝えたい。

今回のプロジェクトは、被災者支援とか、そんな風には考えていません。
復興支援活動で学んだ「そこにいる全員でひとつのことを成し遂げる」
「やらなければならないというパワーや勇気」
「我々が忘れかけているものを取り戻す!」

復興に向けて一丸となり、頑張っている現地の方々から学ぶ
という気持ちもこめられています。

アレグリアの皆さん、そして日本人一人ひとりがそんな思いで、この震災に向き合ってくれたら
嬉しいです。
メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。