スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月22日 風評と戦うということ

今回は、福島県白河市にお住まいの「松尾さん」ご夫婦を訪ね、自身の田んぼで取れたお米を仕入れに行ってきました。松尾さんは、アレグリアが「飯坂温泉」で初めて出演した際、初めてサンバを見て、一目でアレグリア(某小学生ダンサー)のファンになり、浅草にも駆け付けてくれているご夫婦です。震災後、風評被害に苦しみ続けているのを聴くと、どうにもやるせない気持ちになります。
松尾夫妻
松尾さんご夫婦(本人の許可を頂いています)
コメ倉庫
お米は冷暗所、または冷蔵庫にて年間で保管されています。
福島コメ
威風堂々 福島米 今年はAMFで300キロを確保しました。

米どころ福島の中でも、白河地方は福島県と栃木県の県境にあり、土壌、水、環境(立地条件)が、他の地方と比べ群を抜いており、周りの農家では、農協へ卸すことはせず、毎年末端消費者(業者)と取引をしている農家が多いそうです。銀座の某高級すし店からの契約もあるそうです。
また、最近では、「吉野家」が米の工場を建設し、サイゼリアは、ご飯を加工する施設を建設したそうです。
頑張れ!大企業
放射線検査
今では放射線を検査する機器も高性能化し、こめの抜き取りではなく、袋ごと検査機を通すようになったそうです。もちろん、何度やっても、何度やっても、何度やっても「不検出」。時間の無駄です。ココは原発から80キロ、1キロ南へ行けば栃木県。そこでは検査はありません。不思議ですよね
松尾さんたんぼ
上等の土、水、そして四方を山に囲まれた好環境。旨くないはずがありません。

昨今、食品偽装問題が騒がれています。これは、消費者のブランド志向を利用して、安く仕入れた別の商品を高く売って、利ざやを多くする目的です。しかしこれは本来の形にすれば、だれも困ることはありません。

さて「風評」はどうでしょうか?根も葉もない間違った情報を信じ、他人に伝え、生産者はそれにより販売が出来なくなり、仕事を失い、最悪の場合、死を選択します。


食品偽装が犯罪というならば、風評こそ、立派な 犯罪です

そして、それを犯しているのは、ほら、、、あなたです。

我々は、風評と断固戦います!






スポンサーサイト
メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。