宿泊を伴わない場合の持ち物

AMFでは前日の夜に出発、道中泊をして、現地入り&活動。

その夕方に帰路につくパターンが今のところ主流です。

なので正確に言うと宿泊するのですが、現地宿泊では無いという意味で理解いただけると嬉しいです。


持ち物としては以下が考えられます。

*2日間ぐらい食いつなげるだけの食糧(調理の必要のないもの)、飲み物

*防寒着、雪・雨がしのげる服(レインコートなど)、手袋、帽子、着替え

*足もとは長靴または登山靴、安全靴

*ゴム付き軍手、ビニール手袋

*マスク、ゴーグル
土ぼこり、粉塵対策。

*自分が必要な薬品、洗面道具、ウェットティッシュ、ロールペーパー、ゴミ袋、使い捨てカイロ

*携帯トイレ(特に女性)

*腕時計

*携帯電話

*懐中電灯(なるべくヘッドランプ)

*身分証明証入れ(首から下げ、名刺など入れておいてください)

*保険証

*平成23年度 ボランティア活動保険加入カード

*宿泊の場合に備えて、寝袋、テント、マットなど(余裕があれば)

*アレグリアシャツ(なんでもよし)、ピンクタオル等

被災地ではまだ余震が続いている状態です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: