スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】第12回AMF活動報告 9月29日

9月29日に被災地に行ってきましたのでご報告します。

<活動場所>東松島町、石巻市、女川町
<主な活動>支援物資の配布
<参加者>まー3(乗用車=支援物資)、Ben(4トントラック)
(2011年11月8日=情報追加)

20110929-26

詳しい活動状況は、下記の「続きを読む」をクリックすると表示されます。
<活動状況>
9月28日(火)
午後、東京都練馬区のサイクルショップイナザワさんで、自転車・その他の支援物資を積み込み。
この物資は、練馬区南田中・富士見台周辺のみなさんからご提供いただいたものです。
(以下、クリックすると写真を拡大表示します)

20110929-45
サイクルショップ イナザワさんでご近所のみなさん支援物資の積み込み

20110929-46
積み込んだ物資は写真に写っている量の倍くらい、トラック半分が埋まりました

20110929-47
平岡さん・イナザワご主人と、被災地への心お預かりしました

その後、戸田市のAMF倉庫にて、「おしゃれショップ さかえ」さん、冨岡さん、アレグリア・メンバーほか、たくさんの方々からご提供いただいた物資を積み込みました。
今回は支援物資として中古乗用車1台もお届けします。
19時すぎ、物資を満載した4トントラックと共に戸田市を出発、一路みちのくを目指しました。

9月29日(水)
20110929-01
午前7時前、矢本I.C.を降りて、Oさん避難先に向かう

20110929-02
トラックを先導するこの乗用車も、今回の支援物資のひとつ

20110929-03
午前7時すぎ、Oさん避難先で支援物資を降ろす

20110929-04
自転車はどこの避難先でも喜ばれます

20110929-06

20110929-05
Oさん避難先に降ろした支援物資

20110929-08
Oさんからお土産を頂きました!

20110929-07
午前8時、次の支援先へ出発

20110929-09
Oさんから頂いたお守り

20110929-10
石巻市渡波地区、女川街道沿いの市立女子商業高校付近、震災瓦礫の集積所になっている
市の復興計画によると、この道をかさ上げして防潮堤にする予定

20110929-11
石巻市立渡波中学校付近
積み上げられているのは、津波で破壊され撤去されたと思われる電柱

20110929-12
午前9時、石巻市渡波地区のTさん宅に到着

20110929-13
Tさん宅1Fに降ろした支援物資は、近隣の自宅避難者のみなさんに配布される

20110929-14
Tさん宅1階の居間でお茶を頂きながらお話をうかがう

9時半すぎ、渡波地区をあとしにて女川に向かう
20110929-15
午前10時過ぎに女川町に到着、女川街道に面したコンテナ村商店街の入り口

20110929-16
コンテナ村商店街で支援物資を降ろす

20110929-19
コンテナ村商店街の酒飯処「かぐら」前で、支援物資の配布を行う

20110929-17
コンテナ村商店街のみなさんも、夜は近隣の仮設住宅などで暮らしている

20110929-18
昼間はお店にいるため、仮設住宅では支援物資の配布を受けられない

10時50分、総合運動場の仮設住宅に向かう
20110929-20
女川町立病院下、左手の茶色の建物はマリンパル

20110929-21
震災から半年以上経った今も、津波で破壊された建物の解体作業が続いている

20110929-22
解体を待つ建物もいまだ少なくない

20110929-23
破壊された女川港、大型の漁船が接岸している

20110929-24
70センチ以上の地盤沈下で水没した女川港付近、道路は砂利でかさ上げされている
少しずつだが水揚げが始まっている

20110929-25
女川港で瓦礫の撤去作業をする重機

20110929-27
11時すぎ、総合運動場の仮設住宅に到着

20110929-28
女川町立総合運動場の仮設住宅で支援物資を配布

12時すぎ、清水地区仮設住宅に向かう
20110929-29
途中の瓦礫置き場、大きな爪の付いた重機で木材と金属ゴミの分別作業をしている

20110929-33

20110929-32
女川町清水地区仮設住宅にて支援物資を配布

20110929-44
前回、三輪車を渡せなかった少女、探したけれど出会えませんでした、無念

20110929-31
清水地区仮設住宅の中
入居直後は生活感のなかった部屋も、少しずつ暮らしの場になってきている

20110929-30
有志の方が作成・配布している情報誌『うみねこタイムス』

20110929-34
13時すぎ、ふたたびコンテナ村商店街へ

20110929-35
イナザワさん提供の自転車に乗るコンテナ村のお子さん

20110929-36
コンテナ村のお店

20110929-37
コンテナ村のオープンテラスのお食事スペース

20110929-38
お店の方と記念撮影

20110929-42
14時すぎ、酒飯処「かぐら」さんでちょっと遅めの昼ご飯

20110929-43
酒飯処「かぐら」店内の様子

20110929-39
やっぱりこれは外せません!女川のサンマ!

20110929-40
ご飯は売り切れていたので天ぷらうどん

20110929-41
ぺろっと完食!

16時すぎ、乗用車も無事引渡し今回の活動を終了する
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

12回に参加して

久しぶりに女川へ

最初についたOさん宅で物資を下ろし今の現状をお聞きしました。
半年以上がたった今生活がさまざま!
ここにまったく違うなってきているようですがまだまだ苦しい生活をしている人が沢山いるようです。
話をしているあいだOさんが涙をながし語ってくれたのを見てまだまだ大変な思いをなさっていることを感じました

そのOさんから頂いたお守りをなんだかトラックを一人で運転している時に手にとってみた正直・・・涙が流れた
あの震災直後のどうにもならない状態から生活は良くなっているように見えるが心の傷はまだまだなのだと!

その後!総合運動場の仮設住宅へ
びっくりした事があったなんと物資を始めて頂いたって人が・・・
けして貰わなかったのでも無く近くに住んでいても物資が来る事や配る事や場所を知らされなくその場に来ることすら出来なかったようです。
現地での情報をいろいろな人に伝えたい!そんな方法は何かないかなぁ・・・

その後コンテナ村その周辺へ
友達にもらった茶だんすがサイドボードとなり大活躍!なんか嬉しい
コンテナ村の秋刀魚はとても美味しく頂きました。

皆様にお願いです。
今行っても震災直後にボランティアに行った時の気持ちがこみ上げたりまだまだ力を貸して欲しい人!こっまっている人も沢山います。

それとお帰りなさいと声をかけてくれる人も沢山います。

まだまだ復興の道は長いと感じます。
もう少し力を貸して下さい
よろしくお願いします。


メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。