スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】第2回 AMF活動報告  4月15日-4月17日

今回は、甚大な津波被害に遭った宮城県女川町で、津波に襲われた最奥部の集落を中心に支援を行ないました。
約120世帯、300人が暮らしていた集落ですが、震災後生存が確認されたのが約80人。

残った家も1階部分は崩壊状態で、かろうじて2階や高台の家などに合計約20人ほどが自宅避難生活を送っていらっしゃいました。

震災から1ヶ月経った今でも電気、ガス、水道などのライフラインは停まったままです。

集落内は一面のガレキの原、もしくはそれを積み上げたガレキの山で、自衛隊だけが重機とともに活動しています。
冷凍加工工場の冷凍倉庫と供に流されてきたサンマなどの魚が腐り、あたりは異臭にあふれていました。

ときどきは首都圏からのボランティアが来たり、町の施設まで取りに行けば物資が手に入りますが、その種類・量は限られています。

自宅避難を続ける世帯に、アレグリアのみんなから提供してもらった物資を配り、豚汁うどんの炊き出しを行い、庭や建物内のガレキ撤去を実施しました。

さらには、画期的な(だと思う)仮設シャワーでの入浴(←ニューヨーク作戦の由来)、薪ストーブ設置なども行ないました。

どれも、住民の方々に心から喜んで頂けたと思います。
1泊3日の強攻オペレーションでしたが、疲れは感じませんでした。


●とき:4月15日(金)~17日(日)
●場所:宮城県牡鹿郡女川町
●支援内容:

*支援物資提供………………………15軒
*住宅のガレキ撤去…………………2軒
*炊き出し……………………………豚汁うどん20食分
*仮設シャワー入浴提供……………9名利用
*薪ストーブ(調理可能)提供……1軒

参加者12人:まー3、riki、わっきー、いち、かめ、きあまん、ペ★ヤング、シルビー、との、カントク、ぽりんきぃ(石巻にて合流)、じぇんとる(石巻にて合流)

スポンサーサイト
メニュー
最新記事
つぶやき
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。